« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月に作成された記事

2011年1月31日 (月)

グリーン・ホーネット

 

先週、一休み入れました。lovely

処理しなければならない仕事がまだ残っていますが
目など心身ともに疲労が溜まりすぎなので
元日以来、今年2日目のお休みです。

睡眠不足なのはオーストラリアン・オープン・テニスと
アジア・カップ・サッカーのせいもあるけどcoldsweats02

栄養あるもの食べて、本とスクラッチくじを購入。
スクラッチくじは、おつりの600円分購入したら
           1,000円当たったぜsign01 
幸せをちょっぴり感じて
疲れない映画を選び「グリーン・ホーネット」観ました。

Dscn36793ts

他のヒーローものとは違い
チョットおバカな?アメリカン・ヒーロー!
強いんだか弱いんだか?

難しく考えないでストーリーを受け入れてwink
変と言えば変な感じなんだけど
アメリカン・コミック的な雰囲気で楽しめばいいんだと思う。
エンドロールなんかもそれっぽいぞ。

パンフレット見ると3D映画だ。
今回は3Dじゃない通常版しか上映なかったけど
結果的にそれで十分じゃなかったかな。正解。

Dscn36803ts




2月も観たい映画いくつかあるな~。
いくつ観られるかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

明るい

先週、友人が自家製の餅と
最高グレードのサーキュラーPLフィルター(以降PL)
5サイズ分を持って松戸からやってきた。

彼はPLを製造していて
昨年秋に発売した最高グレードのPLが好評で
需要に供給が追いつかないらしい。
欧米でも人気で品薄。
国内在庫なく今の段階でバックオーダー約300個。
発売元から急かされてる?

発売前のテストに少しだけ参加したものとしては
友人の成功とともに「よかった~」です。

好評な理由は明らかで
PLの効果は当然として、レンズに装着した場合
既存のものよりファインダー画像が明るいんです。
フィルター枠も扱いやすいのに薄いです。

PLと言えば濃いサングラスのように色が付いていますが
今回のものは透明度が高く透けて見えます。
ほんとにPL?と思うほど色が薄くなっていて
使ってみると断然被写体が見やすく
撮影時のストレス軽減と効率化になります。

私ども営業写真館はさておき
絵作りクォリティーにこだわる
コマーシャル、風景、商品などを撮影する
本当のプロフォトグラファーはじめ
屋外風景を狙うハイアマチュアには必需品。

使ってみれば説明は要らないからね。

こだわるカメラマンは是非揃えておきたいフィルターだね。。

すばらしい製品です。

ただ、製造技術は高い精度などを求められるため
最高グレードにふさわしい? お値段です。

Zetaex

それでも、クォリティーと使い勝手が重要な
プロやハイアマチュアにとっては
何よりもこのZeta-EXを求めるんです。

価格以上の活躍をしてくれます。
利用者からの口コミでさらに沢山購入してもらえるかな。

私は仕事と気候が落ち着いたら
彼が置いていってくれたPLフィルターZeta-EXを使って
風景などを撮影してみる予定です。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真冬だね。

時が経つのは早いもので
成人式が終わり大寒を向かえ
気付けば今年も残すところ345日になってしまいました。

今年の紅白は誰が出るんだろう?
流行語大賞はなんだろう...?

バカなことはこのへんにしてと。coldsweats01

このところ連日の寒さがきついですがtyphoon
周りであんまりインフルエンザの話を聞かないな~。
流行ってないのか? それとも情報不足?
南極にはウイルス病原体がいないって聞いた記憶があるし。
インフルエンザウイルスも寒すぎて動きが悪いのか?

栄養つけて温まるのが大事ということにして
鍋食べたいな~。spaいろんな鍋。
(土鍋や金属鍋をかじるわけじゃありません。念のため)

好事魔多し! 油断大敵!
気が緩むとダウンしかねないので
「精神統一!そして 精神集中!」だな。

tennis
全豪オープンテニス
錦織選手
shine見事な連勝で3回戦進出。shine
日本男子として46年ぶりなんだ、やったねsign03
サーフェイスが合ってる感じなのかな。?

オーストラリアはサマータイムで時差が2時間clock
ほぼ時差がないのでナイトセッションはライブで見られるけど
上位シード以外の選手は日中仕事でライブは見られず
録画放送は結局深夜なのでこの時期は視聴断念。wobbly
まだ成人式の残り未処理分が約50名分あるし
テレビ見てないで頑張らなくては。coldsweats02shock

でも今週末からテニスは再開するぞ。
天候に問題なければ、今年の初打ちだべ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

春も出る? 春モデル!

年が明け、正月気分が覚めきらないうちに
コンパクトデジカメの今年の春モデルが
各社いっせいに米国で発表されました。

デザインや多彩な機能とスペックも向上し
撮影も楽にきれいな画像が出来上がるようになった。
動画機能も昨年あたりから良くなってるね。

落ち着いた感のあった高画素化は
各社負けられないとばかりにアップしてしまった。
ついに1600万画素!
毎回のことだけど
技術の進歩はあるにしてもコンデジでそこまで必要なのかな?
売るためのスペック訴求力の関係で
分かっていても止められないんだろうな。
半面、低価格化は今年も進む。(喜ぶべきなのか?)

春に発売されて実写画像を見ないと
春モデルの評価についてはなんとも言えないけど
ハッキリ言えるのは
撮影後の処理や保存などに要する
時間やコスト、ストレスは確実に上がるのかな。

初心者でも、求めやすい価格の機種で
様々な条件下、高い確率で良好な画像が出来上がり
楽しめるようになったことは
一般に使うツールとしては、すばらしいレベルです。

ここ1~2年、各メーカーや機種ごとの特色が分かれて
選択のポイントも多岐にわたるような感じですが
その分購入者のつぼを抑えたメーカーと外したメーカーで
明暗がハッキリする傾向があるように思える。

まず、絵を作り出すデジカメですから
出来上がる画像の優劣で区分け
(プロとしてはここが一番譲れない部分です)
次に、機能&スペックで区分け
さらにとデザインと使い勝手で区分け

そうしていくとやはり一定のメーカーや機種に行き着く結果になる。
昨年の場合、それはやはり売れたモデルなので
一般の購入者も選択するポイントは「分かってるじゃん」と言いたいほど。

発表資料だけですが
魅力や興味のあるのはソニーとフジフィルムかな
安定してキヤノンはバランスがいい。
ニコンの絵作りは好きでクォリティー高いけど
今までは機能スペックに穴があった。
売るポイントを先行して確実に抑えていたパナソニックは
このところスランプ? デザイン、スペック共に魅力が薄れた感じ。
気軽に撮るならカシオ、オリンパスもいいんじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 3日 (月)

出初式

Nd3_55671033ts_2正月2日の朝
まだ日が昇る前から地元の海へ向かう
風もなく静かな朝を感じる

Nd3_54141009ts

空が明るくなる頃から漁協の出初式が始まる
陸上とは違い、港を出た外海は波が高いということで
出港する船は1番船ほか3艇だけで
堤防内を30分ほど動き回り終了。

Nd3_547610192ts

その分、9時前には戻ることが出来たし
体もそれほど寒さのダメージがなかった。
スタジオの仕事にもぜんぜん問題なし。

「箱根駅伝」観ながら、もちを焼いて朝食。
正月の朝を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 1日 (土)

謹賀新年

2011年 卯年

あけまして
   おめでとうございます。

今年も自分の目指す道を外れることなく
一歩でも前に進めるよう歩み続けたいです。

01

干支のウサギさんのように
飛び跳ねられれば
最高ですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »