« 緊急だから突然なんです | トップページ | 新米 »

2010年10月 8日 (金)

真夜中の訪問者

一瞬ドキッとする体験でした。
   (以下、稲川淳二風に読んでいただきたい)

昨晩...
日付がすでに変わり
気がつけば虫の音も静まった時刻...

就寝前
肌を流れる夜風が今までより寒く感じる
そのせいなのか、ゾクゾクする感覚が襲ってきた
窓を閉め...
部屋の電気を消すと...

な~んか変だな~...
いつもと違うな~...

暗くなった部屋の洋服箪笥がある壁のほうから
気配のような視線のような違和感? ...

あ~れ~~...
やだな~~...
と思ったので意を決して灯かりをつける

その瞬間、今まで経験したことのない光景が目の前に!
明らかに人間のものではない二つの目が
暗がりに浮かびがこちらを見ている

うわ~~...
やだな~~...

逃げ出したいな~...
と動く間もなく
聞き取れないほど小さな声でうめき声...

やばいな~~...
これはまずいな~~...

危険を感じたが時すでに遅く
床には白っぽい液状のものが...

意を決して窓を開け
この部屋を寝床に選んだ
なんとか追い出し
フンを取り去り掃除して
無事就寝することができた。

できればそのまま一夜の宿を貸してやりたかったが
あちこちにフンをされては困るので
よ許してくり~

|

« 緊急だから突然なんです | トップページ | 新米 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の訪問者:

« 緊急だから突然なんです | トップページ | 新米 »