« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010年10月26日 (火)

インシテミル

仕事の帰りに「インシテミル」を観ました。movie

「エクスペンダブル」と迷いましたが
上映時間の関係で
「インシテミル」に決定。sign03

Dscf70953ts

仙台へむかう途中iPhoneからオンライン購入していたチケットをticket
劇場の端末で引換え、プログラムも購入して準備完了。

「インシテミル」は最後まで飽きることなく観終わりました。shine
ただ全体の設定や状況背景はそれほど重要でなく処理され
その舞台となる閉ざされた状況設定の中での
人間の心理と現実社会の中で生まれ育った
立場環境の相違よる思考行動を
いくつかのパターンに分けて見せてくれる
そんな中に原作者などの主張したい部分が
あるんだろうなと勝手に理解納得してしまった。coldsweats01

それぞれの出来事パターンを7日間順番に並べた見せ方なので
誰がどうしたのかという興味と事件発生時以外は
どうしても起伏のない流れで終始した感じがある。
note音楽で言えば
転調も無く一定のリズム速度で
メゾピアノとメゾフォルテの間の音圧で
終始演奏されていた感じ。notes
ただメロディーとリズムは悪くないので
演奏としては合格点でした的なところ。pass

初めに舞台設定をハッキリ見せて説明してから
7日間の出来事と最後のそれぞれの立場を
明確にしたほうが「あっそういうこと!?」的なピークが
最後に出てきたんじゃないかな。
途中まで観てるほうもどういう設定なんだ?でしたから。
特に綾瀬の存在と効果が薄れてしまっているかな。
ラストも「ほんわか、すぅ~と」締めくくられて.....。

登場人物の少なさと限られたセットだけの造りは
へたするとB級ものになる危険性が大だけど
味のある役者と旬な役者が揃っているので
救われてるのかも。
ファンheart04なら文句無いでしょうし、それほど堅苦しく考えないで観るのがよろしいんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月22日 (金)

モデルチェンジ

アップルMacBook Airnew新ラインナップを発表しました。
モバイル使用を鮮明に出した感じで
マックにとってネットブック的なところを埋めてくれる
11.6型と13.3型のMacBook Air の2モデル。

特に11.6型のMacBook Airは外出時の鞄に
常に入れておくようなそんなモデルですね。
外出時にスマートフォンではパワー不足な処理は
やはりキーボード付でより大きく解像度の高い液晶画面は
作業効率が高いです。smile

初代MacBook Airが出たとき
薄さと綺麗なボディはすばらしくても
利用するとなると中途半端な感じがあったところを
見事に存在意義を明確化した感じです。heart02
iPhone&iPad~MacBook Airr~MacBook Pro~iMacpc
製品ラインナップも全線開通!?といったところかな。
来年出てくる次期バージョンのOS「Mac OS X Lionleoとともに
興味と期待が高まります。

唯一残念なのが
造りも機能パワーも十分で価格も魅力的なモデルですが
11.6型のMacBook AirだけSDカードスロットが省かれてしまったこと。
(13.3型のMacBook Airにはあります)
言い換えれば、そのぐらいしか不満な点がない感じでしょうか。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

新米

maple実りの秋!apple
食欲も旺盛になり少しウエイトオーバーだ。clover
pig cake noodle bread wine
今年は猛暑のためなのか野菜やきのこなど食材が不良不作のようですね。
米も福島県内産の一等米比率が66%というニュースが流れていたようで
良くないんでしょうね。

それでも毎年、親戚やら身近なところで獲れた新米riceball
今年初の新米ごはんは、やっぱり違うね。
美味いね。lovely

これからはエネルギー資源、水資源とともに食料についても
確保を真剣に考えなければいけない国際間競争時代になるのかな?
レアメタルみたいに、輸入ストップしたら大変だ!
我が日本は自給率低いからね。

run農業&riceballお百姓さん&fish一次産業taurusを大切にしないと
きっと後悔するぞ。

明日は幼稚園の遠足。fujishoewave
どうか爽やかな秋の天気になってくれ~。sun
いや、贅沢は言わない「雨だけは降らないで!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

真夜中の訪問者

一瞬ドキッとする体験でした。
   (以下、稲川淳二風に読んでいただきたい)

昨晩...
日付がすでに変わり
気がつけば虫の音も静まった時刻...moon1

就寝前
肌を流れる夜風が今までより寒く感じるtyphoon
そのせいなのか、ゾクゾクする感覚が襲ってきた
窓を閉め...
部屋の電気を消すと...wobbly

な~んか変だな~...
いつもと違うな~...

暗くなった部屋の洋服箪笥がある壁のほうから
気配のような視線のような違和感? ...shadow

あ~れ~~...
やだな~~...
と思ったので意を決して灯かりflairをつける

その瞬間、今まで経験したことのない光景が目の前に!
明らかに人間のものではない二つの目がeye
暗がりに浮かびがこちらを見ている

うわ~~...
やだな~~...

逃げ出したいな~...shock
と動く間もなく
聞き取れないほど小さな声でうめき声...sign04

やばいな~~...
これはまずいな~~...
happy02

危険を感じたが時すでに遅く
床には白っぽい液状のものが...

意を決して窓を開け
この部屋を寝床に選んだ
なんとか追い出し
フンを取り去り掃除して
無事就寝することができた。coldsweats01

できればそのまま一夜の宿を貸してやりたかったが
あちこちにフンをされては困るので
よ許してくり~happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »