« まだ続く | トップページ | ウィンブルドン終了~! »

2010年7月 1日 (木)

良いんじゃないの

昨年秋に続き友人の会社が製作する
トップメーカーのレンズ用newmoonPLフィルターの
点検テスト撮影をしました。

今回は
業界一厚みの薄い発売済み新製品と
発売を間近に控える、光量の減衰率が低く
これまでの物より装着時でもファインダー上で明るく見易い
より透明度が上がった最高グレード品の2種類
(それぞれ何個か抽出品)

製造工程のわずかな違いによる解像度、ムラなどに関して
品質の変化バラつきの度合を見るためのテスト撮影。
友人の希望もあり、解像度チャートは使用せず
身近な物を撮影サンプルとした。camera

精密なテストは専用の機器などによって
分析レベルまで上げて比較すると
どうも差が出た個体があったらしいのですが

撮影テストの結果を見る限り
各種製造法の違いや個体差は
実用上はどれも問題ないレベルと感じた。
と言うより中央部も周辺部も
実際肉眼でハッキリと違いを確認できるレベルものではなかった。

むしろ画像への影響度合い考えると
フィルターよりも撮影時使用レンズの品質や手ブレ、カメラブレなど
撮影技術のほうがよっぽど大きな影響要素。

PLの効果はハッキリ有効ですし(デジタル時代でもこれは大事で有用)
色を薄く出来た最高グレード品は
既存品より同じ絞り値の場合、より速いシャッタースピードを得られるなど
絞り値とシャッタースピードの選択範囲が広くなる
(または、より感度を低く出来る)
暗くならない分ファインダーも見易い。heart04

製造工程のポイントは、すでに改善されているのでgood
正規品はフィルムでもデジタルでも効果を発揮してくれるでしょう。

既存の性能限界を超えようとすると
製造技術と精度はよりシビアになるんだな~と
それなりの価格がするのは当然だね。

|

« まだ続く | トップページ | ウィンブルドン終了~! »

写真&カメラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/199069/48773614

この記事へのトラックバック一覧です: 良いんじゃないの:

« まだ続く | トップページ | ウィンブルドン終了~! »