« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010年7月23日 (金)

野馬追い

今日から3日間、恒例の相馬野馬追いが開催です。

早朝、わが町が所属する標葉郷の騎馬武者も
出陣行列でメイン会場の原町雲雀が原へ向かう

今年は暑い野馬追いで、武者も馬も大変だな(ーー;)

945632s

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

ツバメが来た~

久しぶりに気持ち良い空気と爽やかな風の流れる
スッキリ青空の早朝です。sun

例年のように7月になったころから
店のシャッターのところにツバメがとまって休んだり
駐車場内で戯れ騒いで飛び回っています。
気持ちよさそうだな~。dash 楽しそうだな~。notes

さらには巣作りのためなのか
泥や茎のようなものを運び塗りつけているのですが
シャッターなので毎日開け閉めで動くし
当然夜は出入りできないので
巣の役目はいつまでも果たせず
ボロボロと積み重ねた土台などが
崩れ落ちる毎日。

言葉が通じればhappy01
「こっちの壁に巣を作れば」とか
「こちらでお休みください」とか伝えたい心情です。

そんな元気なツバメ達が周りにいるのは
なんとなく心が軽くなるの Welcomesign01でございますよ。

来年は巣箱とまでいかないまでも
土台でも用意するべ~かな~。

明日はお仕事で会津へ行くので、今日中に期日前投票してきます。schoolpapermemo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

ウィンブルドン終了~!

ウィンブルドン勝者はラファshine ナダル強かった。
文句なしランキング1位を証明したね。

ベルディヒも決勝まで最高のパフォーマンスで勝ち上がったけど
ナダルの攻撃には不十分な形でしか対応できなかったな~。
レフトハンドからの強力回転ボールはtyphoon
どれほど常識を超えてるんだろうか。

だからって、あの打ち方まねたら
普通の人間は体が壊れるね。

ナダルもダメージの蓄積が無いわけではないと思うので
ケアして今年最後のグランドスラム全米オープンに
万全で望んでもらって
よみがえったフェデラーと頂上対決!
なんてのが見たいな。

私のテニスといえば
体作りに時間が割けないのでrun
壊れないように無理しないように程々にテニス楽しんでるけども
実力者との練習ゲームでは
いい球が帰ってくるので楽しくなり?つい張り切り?
がんばって80%ぐらいまでパワーを上げてプレーしたら
後半からは仕事の疲労蓄積も合わさってか
視界eyeが曇り始め、握力punchも弱まり、右臀部と右肩に伊丹が...。
これじゃ大会で連戦なんて厳しいぞ、おい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

良いんじゃないの

昨年秋に続き友人の会社が製作する
トップメーカーのレンズ用newmoonPLフィルターの
点検テスト撮影をしました。

今回は
業界一厚みの薄い発売済み新製品と
発売を間近に控える、光量の減衰率が低く
これまでの物より装着時でもファインダー上で明るく見易い
より透明度が上がった最高グレード品の2種類
(それぞれ何個か抽出品)

製造工程のわずかな違いによる解像度、ムラなどに関して
品質の変化バラつきの度合を見るためのテスト撮影。
友人の希望もあり、解像度チャートは使用せず
身近な物を撮影サンプルとした。camera

精密なテストは専用の機器などによって
分析レベルまで上げて比較すると
どうも差が出た個体があったらしいのですが

撮影テストの結果を見る限り
各種製造法の違いや個体差は
実用上はどれも問題ないレベルと感じた。
と言うより中央部も周辺部も
実際肉眼でハッキリと違いを確認できるレベルものではなかった。

むしろ画像への影響度合い考えると
フィルターよりも撮影時使用レンズの品質や手ブレ、カメラブレなど
撮影技術のほうがよっぽど大きな影響要素。

PLの効果はハッキリ有効ですし(デジタル時代でもこれは大事で有用)
色を薄く出来た最高グレード品は
既存品より同じ絞り値の場合、より速いシャッタースピードを得られるなど
絞り値とシャッタースピードの選択範囲が広くなる
(または、より感度を低く出来る)
暗くならない分ファインダーも見易い。heart04

製造工程のポイントは、すでに改善されているのでgood
正規品はフィルムでもデジタルでも効果を発揮してくれるでしょう。

既存の性能限界を超えようとすると
製造技術と精度はよりシビアになるんだな~と
それなりの価格がするのは当然だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »