« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月に作成された記事

2008年3月30日 (日)

生き返った

  8年前購入したフジFinePix4700Zが生き返りました。

Dscn1194ts_2当時はまだ200万画素あたりが主流で、今のものに比べて画像的にも劣る技術能力でしたが、比較的大きなハニカムCCD、画素補完で430万画素、出来上がる画像的にも当時としては優秀な機種でした。しかし最大の難点が電池の持ちがありえないぐらい悪くカタログスペックには程遠いというのが現実で、当時は多くの購入者が怒り嘆いていました。私も実用的でないので保存庫の中で永眠状態にしていました。

時は流れてデジカメも技術進歩がすばらしいですが、電池バッテリーも同様に進化して単三型充電池でも2年ほど前からエネループが発売され高容量でハイパワーそして自己放電が少なく、ストロボやカメラなどへ使い勝手が良くなりました。最近あの4700Zはどの程度動くかと思いテスト、ある程度使用できるだけ持続することが確認。オッ!イケル!4700Zのシビアなシャットダウンレベル以上を維持できるパワーと自己放電しずらい技術が、時をこえて生き返えらせた瞬間でした。

人間も状態を維持して時を越えられれば、未来の技術で問題解決して再生するというドラマがありえるな~と。ただ実現できても、物と人間は違いますから、それが人類全体にとってハッピーなことかどうかは議論の余地ありかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

バンテージ・ポイント

公開前から観たかったバンテージ・ポイントを観ました。

Dscn11763s ストーリー背景は現代国際社会の闇をベースにそれぞれの立場や視点から一連の流れを描いている。その視点や流れを斬新?な映像表現方法で巧くまとめています。8つの視点立場の中で、なぜ母親と少女が取り上げられているのかは最後のまとめの場面でその存在意義とメッセージ性を持たせているのではないかと思いました。

メンズデイで割引料金日でしたが今回は会員ポイントで2枚獲得した期限切れ前の無料券を使いました。おまけのポップコーンもおいしかった。

DVDではなく劇場で観るべき映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

今年は断念 PIE

ビックサイトで一昨日から開催されているPIEへ21日か22日に行く予定が、撮影などの仕事やプライベートな行事などが入り行けなくなってしまいました。

いろいろ見たいものや購入に向けてチェック確認したいものがあったので、とても残念です。crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

お彼岸

「暑さ寒さも彼岸まで」わが町も春らしくなってきました。happy01

最近小鳥たちが朝起こしてくれます。chick 窓の前にある電線や屋根などの上で、まるで人間の子供が言い合ったりじゃれあっているような感じで、結構激しく囀りあったり羽ばたきあったりしています。春を喜んでる感じです。 眠いけど案外飽きずにしばらく見ていたりできます。しばらくして朝起きるのが辛くないことに気づきます。

暖かくなりバイク乗りたいけど十分な空き時間がない、テニスに最高な気候でも肘がまだ痛く強く握れないので我慢、仕事以外の撮影に出かけたいけどなかなか難しいshock、こりゃ美味いもの食べるしかないか~!restaurantメタボ注意!

あさってあたり、お墓参りに行かなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

残念

恒例のチーム対抗戦が最高の天候の中、地元3チームと福島市、いわき市、南相馬市、大熊町の各チームが参加して行われました。

予選リーグ3試合行い私の成績は1勝2敗と厳しい戦いでした。特に2戦目はタイブレークで落とし、後半は古傷の肘痛でスイングスピードが上げられず忍耐勝負になってしまった。Dscn1020s チームメイトには力になれず残念です。

大会自体は初春の暖かい日差しの中、みんなでワイワイとテニスができて最高でしたし、いつものように女性陣はたくさんおいしいものを用意してくださり頭が下がります。予選を勝ちあがれれば、よりおいしく感じたんだろうな。

日曜でスタジオ撮影予約があったのですがエントリー後でチーム戦のため抜けられずご相談したところ、お客様のご好意で大会終了後の夕方に撮影時間をずらしていただいたり、1週間後の日曜日に予定変更していただいたりと、とんでもないご迷惑をおかけしました。大変申し訳ありません。またご厚意に甘え感謝感謝でございます。すみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »