« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月に作成された記事

2007年12月20日 (木)

有機EL

この秋冬発売の携帯電話から有機ELディスプレイ搭載商品が多数発売発表されました。

理論上、発色や形状の薄型化、低消費電力など優れていることはかなり以前から知られていましたが、今年の後半から家庭用テレビモニター(まだサイズ的に小さい)や携帯電話など本格的に?商品化され始めましたね。

Dscn06203s早速その実力ですが、今までのTFT液晶で広視野角といっていた物と比べても比べ物にならない、どの角度から見ても表示画像の変化がなく圧勝。発色もクリア鮮やかです。大画面化、コストダウン化が進めば、いろんな形(シート状など)に出来るし薄型ディスプレイの標準になるんでしょうか?

Dscn06343sW53H(Wooo)操作レスポンスも快適ですし、内蔵アンテナで不安だったワンセグ感度も問題なく受信し、アンテナが出ない分スタイリッシュに使用持ち運びできます。薄いボディで上着の胸ポケットに入れても気になりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月14日 (金)

メモリ増設

モバイルノートPC(Win-XP)のメモリを1Gから2Gへ増設しました。

動作の重かった画像閲覧&編集ソフトなどが、今までより明らかにきびきびした感じがあります。 安定感が増したような気もします。

これで、出先での撮影画像のチェック、簡易処理やプレゼン、データ処理メディア作成&受け渡しなどなどストレスが緩和されることが期待できます。

しかも最近のメモリ値段の下落のおかげで数千円で1Gメモリ2個購入(SODIMM DDR2 PC2-5300)できましたので、費用対効果は高いです。

こうなると内蔵HDDも強化したくなるけど、何かと出費かかさむ年末年始(飲み会予定x3回、その他?)に向けて節約節約と言い聞かせて来年までオアズケ。デスクトップPCの強化補充(クアッドコアCPU)も結局来年だな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 8日 (土)

ベオウルフ

歴史上最古の英雄叙事詩を、ロバート・ゼメキスが映画化したベオウルフを観ました。

実写というよりCG技術の世界で最初のうちゲームを見ているような映像に映画シアターで観ている現実との違和感を覚えました。まあ、そのおかげで映像化できているファンタジーなんでしょうが、迫力が実写にはまだまだ及ばない残念な、、、。そして人間離れした漫画的な映像表現すら特殊映像技術で何でも映像化できるので現実離れしすぎる表現効果もいくら物語としてもちょっと残念。

基本のストーリーはシンプルで2時間近い映画を感じさせないほどです。なんだかんだといって飽きさせない展開作りだったことも事実なんだと。観終わって、昔から人間自身は進化(不変)していないんだな~と思う。酒、女、金、戦い、権力、栄誉、愛情、、、。そしてハリウッドファンタジー映画毎度おなじみの悪キャラ(翼のあるドランゴンタイプ、裸のゾンビ人間タイプ)、その中で大好きな女優アンジーは顔のみ本人でしたが相変わらず魅力的ですね。

ネガティブっぽくなりましたが、観て後悔したわけではないです。それなりに楽しい時間を飽きずに過ごせました。しかもメンズデイでしたので私の料金は1000円でしたし。差額でパンフレット買えました。

あまり持たない受け取らないポイントカードも映画無料券2枚とポップコーンがもらえるほどポイント貯まりました。時間の関係で観れなかったボーン・アルティメイタム(本当はこちらを観るはずだった)を次回は無料で観れるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »