« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007年7月27日 (金)

ダイハード 4

ダイハード4を観てきました。
このシリーズは全て観ていますが、シリーズ物でよく言われるとおり、これまでは1作目が初めての感動もあるためか、やはり1番良いな~と感じていましたので、21世紀になっての4作目はどうかなのか興味がありました。
とりあえず劇場に足を運んで観る価値はあると思います。
老若男女問わず展開とアクションに集中できるテンポはあります。
ストーリーの中心にサイバー&ITな要素が本線として流れているので
それらの知識や情報に疎いと、登場人物の行動の意味や役割とつながりが理解しずらいようです?単なるアクションというかSF的なストーリー展開に感じてしまうかもしれません。
その意味では10~40歳代のPCやインターネット、携帯情報端末を使っている人と向けともいえるでしょうか。
個人的には情報社会のPC、PDA、携帯電話、インターネットなどの可能性、役割、表と裏の部分を強調してベースとし、そこにアクションを展開し、最終的に不死身の不運な男マクレーンが傷つきボロボロになって勝利するという分かりやすいアメリカンヒーロー物で楽しませてくれる作品でした。
ただ、この映画も最近のいくつかのハリウッド作品同様、映画のまとめ結末に向かうあたりからもったいないというか雑というか、「そうきたか?そうなるか?そんな展開?」
現実離れしすぎるストーリー表現効果が....。
一応現代の現実社会の中のお話なのに、まるでアニメかSF?じゃないかと思えるシーンが続き残念なんですよね。
もしかしたらそういう映画だと承知の上で割り切って作っているのかな?
撮影技術、画像処理技術などに恵まれた環境になって、そういったテクニック効果を多用したり頼ったりするがゆえに、ヒューマンな感覚、体温が感じない「すげー!やったー!スケール大きい!金掛けてる~!」ということに。
予告編でもそういう見せ方のPVが多数ですものね。確かにその方がインパクトありますし。
そういう楽しみ方をする作品なのでしょう。大スクリーンで料金払って観て ○ です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

高校野球

200_5748001_1今年もこの時期がやってきました。

甲子園目指して高校生が土にまみれて必死になってがんばる高校野球の開会式。

今年は94校が参加し、この中から最後に残る1校だけ甲子園へ行くわけで大変ですね。でも逆に考えると間違いなくこの中の1校が行けるんです。どの学校だろうか?

会場までの途中チラチラと雨に遭いましたが、会場では何とか雨具なして観覧&撮影ができました。少し靄っぽかったため撮影した画像はややローコントラストな感じになりましたが、そこはデジタルの便利な点でカメラの設定処理で使用目的には問題ないレベルに。

200_5807001でもできれば選手たちのためにも天候には恵まれて欲しいんですが、時期的に毎年残念なんですね。特に3年生にとっては最後にチャンスですから、消化するためにひどい状態でプレーしている試合などを観ると可哀想ですし、気の毒なケースで結果試合が決まることもあるんですよね。勝っても負けても、心置きなくプレーしてもらいたいけど自然には勝てない、、、かな。またこれも人生の縮図的なものなのかな?

200_5799001_1 今年はどこが代表になるのか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

基礎体力が!

テニス協会の技術講習会が7/8無事終了しました。

この時期天気が心配でしたが、快晴のもとで行う事ができました。晴れ人間がたくさんいるのか、皆の行ないが善いのか、ほんとにすばらしい天気でした。

今回はヨネックスさんのご協力で地域担当者とプロの2人に、基本的な考え方を現実的かつ合理的な理解と練習ドリルによって体感させていただきました。

目から鱗的な部分もあり、非常に有意義でした。ただ数人ごとコートに入り、常時ペアも相手も足を使い動く練習は、最近楽してプレーしている身にはやや応えたかなと。

しかしながら、学生時代の強化練習のような雰囲気は懐かしく楽しくうれしいような感じがありました。

たった1日の講習会ですが、きちんと体を使って動いたのと消耗したことで、体が絞れ軽いのとウエストのベルトが1段絞れました。リバウンドしないようにビリーに入隊するか?いやこの夏はテニスでふざけてないできっちり動いて絞ろうと思います。

Dsc_0478_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »