« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月に作成された記事

2007年6月15日 (金)

ユーミン

WOWOWで2003年のユーミンスペクタクル・シャングリラⅡ氷の惑星ライブを放映してます!

ほんとショーアップされたライブは単なる歌謡ライブとは別次元ですね。

時代を超えた数々の音楽要素は当然として、光と空間&氷上パフォーマンス素晴らしいショーです。

今月末から始まるツアー「シャングリラⅢ」はどんな風になるんでしょうか?自由に休みが取れる身だったらと何度思ったことか。当然今回もライブにはいける余裕なさそう? ウ~悲しい。

しかたないのでWOWOWで観るしかない~かな?

8月公演の大阪か名古屋、福岡あたりならどうか?とかすかな可能性に賭けるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

ピクトリコ新製品

先月末新発売されたピクトリコプロ・フォトペーパー(2L)を購入試してみました。(エプソンの顔料系プリンタ)

ベースの白色度はエプソン純正クリスピア、コクヨプロフェッショナルフォトペーパーなど他社の最上級光沢フォトペーパーと比較してわずかに白いです。紙厚&コシもほぼ同等の感触、黒濃度&インクの乗りと締まりは人物写真に関して一番良い感じ(これも他社とわずかな差ですが)

カラーマッチングはメーカーから提供されているICCプロファイルではレッドが強く濃度も浅い方向に仕上がり微調整がうまくいかないので、ためしに何種類かプロファイルや設定を変えてみたら、純正クリスピアのプロファイル使用、知覚的、クリスピアペーパー選択、ドライバ補正なしで(つまりクリスピアペーパー使用時の設定)出力すると一番最適でモニターとのマッチングもベターでした。やや彩度が浅い仕上がりは、ほかの調整による改善可能な問題だと思います。

光沢ペーパーと顔料系プリンタでの仕上がり光沢感の問題も、一番均一で銀塩光沢ペーパーに一番近い仕上がりかな? 70%ぐらいはラミネート処理かけるので、さほど問題にならないといえるけれども濃度の違いや境目での不自然さが抑えられるのはやはり光沢感が良いに越したことはないです。

まだ少しの人物写真のみでのテストですが、なかなか良いです。使えそうです。というより今後このペーパーが私の使用環境では主力になるでしょう。

A3ノビサイズとA4サイズも注文しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

全仏大会レジェンド

今、懐かしいプレーヤーの男子ダブルスの試合を見てます。全仏の女子シングルス準決勝2試合のあとに放送されているレジェンドの試合です。
プレーヤーはマッケンロー48歳&ヤリード45歳組対ナスターゼ60歳&ゴメス47歳組で、動きはそれなりにおじさんですが、プレー内容はやはりすごい部分が随所に見られます。
さすがにグランドスラムタイトルを全員持ってる往年の名プレーヤーだけあります。

ツアープロの試合とは違った点で参考刺激になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

D80

スナップ用サブカメラにニコンD80購入しました。

JPEG撮って出しそのまま使用する画像としてはD200よりは良いですね。ただきちんと画像処理して仕上げるための画像データとしてはやはりD200のほうが良いかな。(仕上がり設定はどのカメラもカスタム設定してます)、ボディ質感堅牢性と操作感と情報確認性もD200が良いです。

D80ボディの質感その他はそれなりのアマ用レベルですがファインダーは現行発売一眼機種の中では良いほうです。確認画像のズームアップ&ダウンもこちらが良いかな。

まだRAW画像など撮影比較してないので詳しくはいえないけど、Jpegで気軽に撮影したりそのまま鑑賞やプリント仕上げるサブカメラとしてはコストパフォーマンスも良いしGoodです。

ちょっと不安だった露出制御も今のところ問題なしでホッとしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »