« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年1月に作成された記事

2006年1月28日 (土)

東レPPT

今日は強風でテニスやるのめげてしまいコートから戻ってしまった。
だいぶ仕事の区切りもついてきたので、テニス観戦にでも行こうかと計画中。
東レパンパシフィックオープンが開催されてますので、東京体育館まで行こうかと思うのですが良い席のチケットすでに完売なんですよね。でも行こうかな。本当は準決の2月4日がいいけどもスケジュールがだめで2月1日の1,2回戦になりそう。
ヒンギス、ハンチュコバ、シャラポアそして杉山選手がんばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

マミヤZDテスト

先日マミヤ社新製品のデジタルカメラZDを当店スタジオで簡単なテストをする機会がありました。
ローパスフィルターなしの状態での撮影で想像通りのCCDサイズの優位性からくる画像の解像感はAPSサイズデジカメとの違いを実感します。ただし今回のカメラセッティング状態では仕事として使うにはハード、ソフト両面での作りこみ不足があると感じます。この点は今までのどのカメラメーカーの場合でも初号機では必ずあるもので、ユーザーからの要望や意見などを考慮して2号機、3号機と改善されていくものですからある意味当然の事と理解しています。私自身各メーカーの機材を使ってそれを体験しています。たとえばインターフェースの使いにくさなど意見を伝えると次の機種ではフィードバック、改善されて発売されていますし、画像処理エンジン周りの不満も今では廉価な機種でもきれいな絵が作り出されています。
ZDも各種設定までの操作感が今ひとつで、慣れの分を差し引いてもすばやく変更などが決まりにくくユーザーインターフェイスを含めハードの改善は必要でしょう。オートフォーカスも35mm一眼と比べれば動作&ノイズ&確認など厳しい結果ですが、これは想定する使用用途&撮影スタイルの違いからくるものでしかたない事と思います。ハードとして手持ち撮影の感じはよいです。中判サイズをそれほど感じず撮影できます。
画像処理エンジンに関しては、Jpeg画像は残念ながらCCDの優位性を生かせてないプロの使用能力的に残念な感じです。(これも時間をかけてどのメーカーも良くなるものですから理解します)Raw画像は専用現像ソフト処理でGoodな使える画像が得られます。しかも中判相当サイズCCDの優位性があります。プロが処理できる素材としての素直な高品質データが得られると感じます。したがってRaw撮影し画像処理をして高画質な絵&正確な絵を得る機材といえます。当然ユーザーのカメラ、画像処理、PC関連知識などスキルを問われることになりますので、価格とともにアマチュアには高いハードルのカメラと言え、プロとして使用目的が明確であればけして高額ではなく十分早期にペイできるカメラシステムと言えます。
限られた時間での即席のテストでしたの一部を試したわけで、また、カメラもスタンダードな設定のみでのローパスフィルター無し状態でしたので実際販売され各ユーザーの設定使用時には、今回テストより良くなることはあれ悪くはならないでしょう。例えばローパスフィルター無しのため確認された偽色ならびにモアレの問題などがフィルター装着&現像処理で改善されるはずです。
このスペックでこの価格は、マミヤさんがんばって作り上げてきたんだろうなと、勝手ながら戦略性とご苦労を感じます。国内だけでなく海外でのグローバルな反応が興味あるところです。
実際使用して心が揺らぎましたが、即購入はそれなりに出費することになるので慎重にと言い聞かせいろいろ今後のワークフローなどを考えています。とりあえず。

18時32分00秒 | psh | No comments | 0 TrackBacks

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

D200やっちゃった?

「やっちゃいましたねニコンさん」ていう気分。
D200評判を呼んで好調な売れ行きというか予約振り?
なんせほぼ品切れ状態。発売延期がなかったので一安心していましたが、物不足で手に入らない?。もっとも私はセカンドロットで購入するつもりでしたので今のところ手に入らなくてもいいんですが、ここへきてキヤノンの20Dの後継機種ならびに5Dにしようかななどという気持ちに。もやはりニコンさんこの状況(販売計画予定予想)はまずかったんではないでしょうか。購入希望者の熱い熱も冷めるでしょうし、今後の新製品情報などが出始めると待ちの体勢になり、良ければそちらへ・・・。現状はどうせ銀塩からの完全移行に伴いレンズを一新するからメーカーが変わっても同じだし、やはりフルサイズ受光素子の魅力、特にスタジオ&ポートレイト用にはフルサイズがアドバンテージが大きい。そして作り出される画像データもアドバンテージを感じてしまう。しかも初期ロットのD200に不良といえる問題が報告されてますね。そう、縞々問題です。さらにキヤノンに変更しようかという気になるのは結構ユーザー間では騒がれているのにニコンは告知すらしないで販売中?これはいけないですね、最近良く聞く危機管理対応のまずい状態です。まだD200を春までに購入するきはありますが、20Dの後継機種が優秀かつ低価格ならそちらにして、スタジオポートレイト用は5Dでシステム組んでいこうかななどと。Nikon一筋のユーザーとしては残念だけど、仕事の道具だから良いものを使って良い物を作らないといけないのでしかたないな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年3月 »